FC2ブログ

サルでもわかるFX

FX比較人気ランキング初心者のための稼げるFXブログFXをメインに資金集めの方法や今までの私の経験やいろんな稼げる情報を試し 日記を書こうと思います。あくまでも個人的意見なので参考にされる方は自己責任でよろしくお願いします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日1回、愛のポチッをお願いします。
<a href="http://www.fx-ranking.jp/">FXブログランキング</a>
<a href="http://blog.blogmura.com/blog_beginner/"><img src="http://blog.blogmura.com/blog_beginner/img/blog_beginner88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ" /></a><br /><a href="http://blog.blogmura.com/blog_beginner/">にほんブログ村</a>

<a href="http://blog.rankingnet.com/912/ranklink.cgi?id=masa1514"><img src="http://img.rankingnet.com/blog912.gif" alt="ブログランキング" border="0"></a>
スポンサーサイト
6/29
予想レンジ
94.70-95.60
先週のFOMCでは金利据え置きが決定されたものの、デフレへの警戒感を弱めたことや過去最大規模の国債入札が好調に終了したことでリスク警戒感が後退し、ドルが一時強含む展開もみられた。さて、今週は米金利先高観や、木曜日の米雇用統計に先立ち発表される米6月ADP全国雇用者数と同6月ISM製造業景況指数に注目が集まるであろう。予想は好悪入り混じるも、雇用統計を占う上で、注視していきたいところだ。ただ、先週末に発表された雇用関連の指標が予想を下回っていたことを加味すると、雇用統計の悪化は否めないか。週末は米国休場(独立記念日の振替休日)のため、薄商いが予想されるが、各国要人の発言や株価動向などには引き続き注意していきたい。なお、本日29日においてはNZ5月貿易収支以外に注目指標が控えておらず、動意に乏しい展開が予想される。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 「今日の為替予想」 発行:(株)外為どっとコム
6/26
予想レンジ
95.40-96.30
昨日のドル・円相場は、米週間新規失業保険申請件数の悪化や対欧州通貨でのドル売りを受け、一時95.70円台まで値を下げた。さて、本日は日中から注目される経済指標が複数控えている。まずはじめに朝方発表のNZ第1四半期GDPに注目が集まっており、予想より改善する結果となればNZドル買いに傾くのではないか。その後、本邦5月全国消費者物価指数が控えているものの下振れは見込まれており、結果が予想を乖離することがなければ大きな材料にはならないだろう。なお、海外時間には複数の経済指標の発表があるが、中でも独6月消費者物価指数・速報に注視したい。ECB高官から相次いで利下げについて否定的な発言があるが、実態経済の動向次第では金融政策を方向転換する可能性もでてくるため、結果を見極めたい。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 「今日の為替予想」 発行:(株)外為どっとコム 
6/25
予想レンジ
95.20-96.10
昨日のドル・円相場は、米FOMC声明で国債などの資産買取規模を現状維持としたことで一時96.00円台へ上昇した。なお、政策金利は現行のまま据え置きとなった。さて、本日は注目されている指標が日中に控えていない事から株価動向を睨んだ動きになるだろう。NY時間には米週間新規失業保険申請件数が予定されているが、前週に比べやや改善されるとの見通しになっている。予想通りの結果となった場合にはドル買い方向へ動く可能性が高いが、オバマ米大統領が米国の失業率が10%超になると明言した事もあるため先行きは明るくない。また、過去最大規模の国債入札は本日で最終日を迎える。入札が好調に終了しリスク警戒感が後退すれば、相場を押し上げる要因となるため注視していきたところだ。なお、昨日はスイス国立銀行による介入観測でドル買いが加速する場面もあったため、引き続き突発的なニュースにも気をつけたい。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 「今日の為替予想」 発行:(株)外為どっとコム
<a href="http://masa1514.6.tool.ms/">緊急速報!!早くやればその分得をする!
他の情報より親切、丁寧!初心者でもできる☆</a><br>
6/24
予想レンジ
94.70-95.60
昨日のドル・円相場は、ユーロ・ドルの上昇を背景にドルが売られ、一時は95円台を割り込む場面もみられた。本日、日中は特段材料視されるような発表はないため引き続き株価動向に注意したいところだが、NY時間は特に気が抜けないだろう。5月耐久財受注と5月新築住宅販売件数の米指標に加え、今週一番の焦点となるFOMC政策金利発表が控えている。一部では利上げが囁かれているものの、前回同様に未だ踏み切れない可能性が高いとされ大方据え置き予想である。また、政策金利発表後のFOMC声明にも注目したい。前回の声明では低金利政策を長期維持することが妥当と判断したが、ここ最近の長期金利上昇を受けて早ければ年内にも利上げを行うとの見方も広がっているため、声明の内容次第では相場を動かす要因となり得るだろう。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 「今日の為替予想」 発行:(株)外為どっとコム 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。